公園の人々

地域Walk Well Program

地域WWPとは

「地域Walk Well Program(以下地域WWP)」は、日本フットケア・足病医学会リハビリテーション推進委員会が推奨する創傷の発症・再発予防を目的とした医療介護連携システムである「創傷WWP」から派生し、創傷に限らず、足病発症・再発予防にも活動範囲を広げて取り組む、足病予防の医療介護連携システムです。

※日本フットケア・足病医学会リハビリテーション委員会のホームページは準備中です

iStock-508912041.jpg

地域で足を守る。

足を診る専門医がいない日本では糖尿病性足潰瘍の早期発見や、治癒後の再発予防が大きな課題となっています。

WWPでは、地域の医療介護施設の連携によって足をチェックしたり、状態に応じて医療機関受診をサポートするといった仕組みを地域ごとに構築。

足元から健康で暮らせる地域医療連携を目指します。

地域WWP連携ツール

創傷WWPを推進する日本フットケア・足病医学会リハビリテーション委員会では、創傷予防のために各医療機関や施設が連携するためのツールを用意していますが、地域WWPにおいては足病予防協会が独自の連携ツールを提供しています。

フットチェックシステム

フットチェックシートの進捗をアプリで確認ができます。足の写真を撮影・アプリ上で登録することで、遠隔で専門家がアドバイスを行うこともできます。※足病予防協による有償提供

地域WWP導入地区

地域WWP

恵比寿モデル

東京都渋谷区の恵比寿では東京メディサイトクリニックがフットサポートクリニックとなり、足病の予防、医療・介護連携が進んでいます

ebis-wwp_edited.jpg
wwp_kamata_edited.jpg

地域WWP

蒲田モデル

東京都大田区の蒲田では足と歩行の診療所がフットサポートクリニックとなり、足病の予防、医療・介護連携が進んでいます

東京都中央区新川1丁目2-8 第五山京ビル701

 info@japanpodiatry.org

©2019 by 日本足病予防協会