協会について

about Association

法人概要

代表プロフィール

台湾生まれ、日本の高校を出た後、米国で医師免許取得。1994年から米国足病外科専門医として開業、南カリフォルニア・メソジスト病院に入職。97年にはメソジスト病院で創傷ケアセンターを開設し、初代センター長となり、これまで数々の糖尿病の難治性潰瘍治療に携わってきた。

90年代から日本とアメリカを往復し、褥瘡や難治性潰瘍治療の重症症例の多い日本の患者さんを助けたいという思いで、故 垂井博紀氏(株式会社ミレニア 前代表取締役)と共に、創傷ケアのコンサルティングを行う株式会社ミレニアを設立した。これまで李家中豪氏がコンサルティングした医療機関は全国で35か所を超え、国内では普及していなかった創傷ケア用品や足圧測定器、オーソティクス、PRP療法等を用い、日本の創傷ケア治療に貢献し、李家氏の創傷ケアコンサルティングを受けた医療機関の創傷治癒率は、他院で切断と言われた傷も約70%以上で治癒するといった実績もある。

 

13年には、故 垂井氏と共に長年の夢であった、日本初の足専門クリニックの開院・医師の教育・コンサルティングを陰ながら支えた。

近年は、足病専門医制度が無い日本において、医療従事者らへの教育や、足病予防普及のための当協会を設立し、精力的に活動している。

李家 中豪

Rinoie Chugo

チャップマン大学卒 

カリフォルニア足病外科大学卒 

米国足病外科専門医(カリフォルニア州)  

米国足病外科認定医 

米国創傷治療認定医

244_20181018.jpg